• 印刷する

ポーランド与党・法と正義、支持率なおも高く

ポーランドで与党・法と正義(PiS)の支持率が高水準を維持している。調査会社カンター・パブリックが23日発表した最新世論調査によると、10月から横ばいの34%だった。

調査は18歳以上の1,030人を対象に、11月12~17日に実施された。2位は昨年10月の総選挙で下野した中道右派の市民プラットフォーム(PO)で19%。前月から4ポイント上昇したが、依然としてPiSに大きく引き離されている。エコノミストのリシャルト・ペトル氏が率いる新党ノウォチェスナ(Nowoczesna)は9%と2ポイント低下。元ロック歌手のパウェウ・クキズ氏が率いる右派の新党クキズ15は1ポイント伸びて8%と、これに迫った。ポーランド農民党(PSL)は5%で、2ポイント下げている。

なお回答者のうち、必ず投票すると答えたのは26%。多分投票するとしたのは38%で、多分投票しない(16%)、絶対に投票しない(13%)を大きく上回った。


関連国・地域: ポーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

チェコ、国連移民協定への不参加を閣議決定(11/15)

ポーランドGDP、第3四半期は5.7%拡大(11/15)

ブルガリア、国連の移民協定への署名拒否も(11/14)

サンタンデール、ドイツ銀の一部事業を買収(11/14)

VW、独のEV電池コンソーシアムに参加も(11/14)

ポーランド政府、独立100周年の行進を主催(11/13)

金融イデア・バンク、CEOが辞任(11/12)

中銀、政策金利を1.5%に据え置き(11/12)

製薬リヒター、1~9月期は6.8%増益(11/09)

ポーランドの失業率、10月は横ばいの5.7%(11/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン