• 印刷する

若いドイツ人男性の7割近くが親と同居

ドイツの若い男性の7割近くが親と同居している——。こうした事実が、ドイツ連邦統計庁が22日発表した最新の調査で明らかになった。

それによると、ドイツでは18~24歳の若者のうち、62%が親と一緒に暮らしている。ただ、男性に限ると68%と、女性の56%を大きく上回った。女性の方が早く独立する背景には、家庭における娘に対する制約が息子よりも厳しいことがあるとみられる。

また、親からの独立が遅れる傾向は都会よりも田舎で顕著で、人口1万人未満の町で暮らす若者の親との同居率は8割近くと、欧州連合(EU)加盟国で最も同居率が高いスペインに迫る水準という。一方、人口50万人以上の都市で暮らす若者ではこの割合は45%に低下する。

なお、EUの統計局ユーロスタットがまとめた18~34歳の若年層を対象とした調査では、ドイツの親との同居率は43.1%と、フランスや英国の約34%を上回った。同調査で同居率が低かったのはノルウェー、デンマーク、スウェーデンでいずれも20%前後。EU全体の平均は48%だった。


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUスウェーデンスペインデンマークノルウェー
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

海運マースク、第3四半期は利益横ばい(11/16)

産業ガスのリンデ、1~9月期は4.2%増益(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

製糖ノルトツッカー、豪マッカイと買収協議(11/16)

化学ヘンケル、第3四半期は8.9%増益(11/16)

イネオス、オフロード車の生産拠点近く決定(11/16)

シクスト、第3四半期は27.3%増益(11/16)

ダイムラー、北京に第2のR&D拠点を新設(11/16)

メルセデス、中国産の「EQC」を来年発売(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン