• 印刷する

若いドイツ人男性の7割近くが親と同居

ドイツの若い男性の7割近くが親と同居している——。こうした事実が、ドイツ連邦統計庁が22日発表した最新の調査で明らかになった。

それによると、ドイツでは18~24歳の若者のうち、62%が親と一緒に暮らしている。ただ、男性に限ると68%と、女性の56%を大きく上回った。女性の方が早く独立する背景には、家庭における娘に対する制約が息子よりも厳しいことがあるとみられる。

また、親からの独立が遅れる傾向は都会よりも田舎で顕著で、人口1万人未満の町で暮らす若者の親との同居率は8割近くと、欧州連合(EU)加盟国で最も同居率が高いスペインに迫る水準という。一方、人口50万人以上の都市で暮らす若者ではこの割合は45%に低下する。

なお、EUの統計局ユーロスタットがまとめた18~34歳の若年層を対象とした調査では、ドイツの親との同居率は43.1%と、フランスや英国の約34%を上回った。同調査で同居率が低かったのはノルウェー、デンマーク、スウェーデンでいずれも20%前後。EU全体の平均は48%だった。


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUスウェーデンスペインデンマークノルウェー
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英国の離脱案「機能しない」 10月の進展が焦点=EU首脳会議(09/21)

VW、イランから撤退か=米政府の説得で(09/21)

サンタンデールUK、一部資産を本体に移管(09/21)

実質賃金、第2四半期は0.5%上昇(09/21)

アストンマーティン、IPOの仮条件設定(09/21)

起業支援ロケット、上半期は黒字化達成(09/21)

アウディ、初の市販EV披露=30分で充電(09/21)

ポルシェなど、ARディスプレー企業に出資(09/21)

VW、次世代EVプラットフォームを初公開(09/21)

ドイツ、EV普及百万台は2022年に遅延も(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン