• 印刷する

難民の雇用、独で予想以上に順調=移民・難民庁

ドイツに流入した難民の雇用が、予想以上に順調に進んでいる――。メルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)の姉妹政党のキリスト教社会同盟(CSU)が主催したイベントで、連邦移民・難民庁(BAMF)のワイゼ長官が明らかにした。ドイチェ・ウェレが14日伝えた。

この背景には、難民の教育水準が従来の想定よりも高かったことがある。連邦労働局の研究機関である労働市場・職業研究所(IAB)の最新の調査によると、2015年9月~2016年9月に雇用を確保した難民は約5万人に上り、うち3万人は社会保険料を支払っているという。雇用先の大部分は物流や倉庫、農業だが、一部の難民は自営業を営んでいる。一方、約10万人は、失業保険を申請している。

BAMFによると、ドイツは経済協力開発機構(OECD)加盟国の中では、教育水準の高い移民にとって障壁が最も低いとされる。ただ、ケルン経済研究所(IW)が3月に公表した調査では、難民の20~25%は初等教育しか受けておらず、こうした難民の雇用は進んでいないことが判明している。

今年1~9月のドイツへの難民流入数は21万3,000人だった。通年では最大30万人を見込んでいるが、昨年の約89万人からは大幅に減少する見通し。[労務]


関連国・地域: ドイツアフリカ中東
関連業種: 農林・水産建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ユーロ圏GDP、0.2%拡大 第3四半期=2次速報値(11/15)

独高級車3社、明暗分かれる アウディが不振=10月の世界販売(11/15)

電力RWE、1~9月期は赤字転落(11/15)

ユーロ圏鉱工業生産、9月は0.3%減少(11/15)

エーオン、第3四半期は黒字復帰(11/15)

ZF、部品運搬用ドローンがドイツ初の認可(11/15)

シーメンスガメサ、印の発電容量が大台突破(11/15)

アウディ、バンコクに部品配送センター開設(11/15)

スノーピーク、ロンドンに英子会社設立(11/15)

製薬・化学メルク、広州にイノベ拠点開設へ(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン