• 印刷する

パリ同時多発テロから1年=非常事態宣言延長へ

パリで13日、昨年11月の同時多発テロから1周年の節目を迎えた。現場となったパリ北郊のスタジアム「スタッド・ド・フランス」などで追悼式典が開かれ、オランド大統領やイダルゴ・パリ市長が出席。サンマルタン運河では精霊流しが行われ、市民が連帯の意を示した。来年5月に大統領選挙を控える中、バルス首相はテロを受けて発動した非常事態宣言を延長する考えを示している。BBC電子版などが伝えた。

犠牲者が最も多かった中心部のコンサートホール「バタクラン劇場」は、厳重な警備の下で12日に営業を再開。英国人ロックミュージシャンのスティングがライブを行い、「暴力は何も生み出さない」と呼び掛けてテロに屈しない姿勢を示した。13日には銃撃や爆弾によって約130人が死亡した6カ所をオランド大統領らが訪れ、各地に設置された記念碑を披露した。

バルス首相はBBCとのインタビューで、「現時点で非常事態宣言を終わらせるのは難しい」と発言。「大統領選のキャンペーンが数週間後に開始され、集会などが行われる」と延長の理由を述べた。イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に触発された単独犯が犯行に及ぶリスクは依然としてあると警鐘を鳴らしている。

同時テロによる仏国内での被害は、第2次世界大戦以降で最悪となった。翌日にISが犯行声明を出し、オランド大統領は非常事態を宣言。今年7月末に解除される予定だったが、フランス革命記念日の同月14日に南東部ニースで発生したトラック突入テロを受け、延長を決めた。なおこのテロでは86人が亡くなっている。


関連国・地域: フランス
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

仏政府、医療従事者の賃上げで合意(07/15)

仏政府、中国航空会社の乗り入れを週1便に(07/15)

フランス革命記念式典、規模縮小で開催(07/15)

クラリアントなど化学3社、カルテルで罰金(07/15)

欧州委、ルクソティカ買収承認で条件提示か(07/15)

アルストム、鉄道事業買収に向け工場売却(07/14)

セルビアとコソボ、EU主導の交渉を再開(07/14)

サフラン、メキシコ北部に新工場を建設へ(07/14)

仏国務院、大気質改善の怠慢で政府に罰金へ(07/14)

アコーホテルズ、MEAで2千人整理(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン