ルフトハンザなど、ムンバイ直行便を開設

独ルフトハンザ航空は、フランクフルトとインド西部マハラシュトラ州ムンバイを結ぶ直行便の運航を開始した。使用機材は米ボーイング「747―800」。PTI通信が伝えた。

また、仏エールフランスと中国国際航空(エアチャイナ)もそれぞれムンバイとパリ、北京を結ぶ直行便の運航を開始した。ルフトハンザとエールフランスは毎日、エアチャイナは隔日の運航となる。これにより、超大型機材でムンバイ空港に乗り入れる航空企業は4社となった。

国際航空運送協会(IATA)によると、インドの航空市場は昨年以降、世界最速のペースで拡大している。ベルギーのブリュッセル航空とエア・カナダは来年前半にもムンバイ線を開設する計画。ルワンダ航空とガルーダ・インドネシア航空もムンバイ空港への乗り入れを検討している。【NNAインド】


関連国・地域: インドドイツ欧州フランスEUベルギーアジアアフリカカナダ
関連業種: 運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

ブルガリア運送業界、EUの待遇規制に抗議(05/21)

五つ星と同盟、政策綱領を公表=党員投票へ(05/21)

米国の対イラン制裁に対抗策 EU、欧州企業の保護へ行動指針(05/21)

ディーゼル車の乗り入れ規制、実施に青信号(05/21)

【今週の主な予定】5月21~25日(05/21)

伊インフレ率、4月は改定値も0.5%(05/21)

トラックのCO2排出量削減 EU、包括法案で基準を初導入(05/21)

メディアビジョン、衛星タイコムと業務提携(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

最高裁、ビールの健康増進うたう広告を禁止(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン