• 印刷する

仏ヴァレオの自動運転車、西欧縦断に挑戦

仏自動車部品大手ヴァレオは、同社の自動運転車「クルーズ(Cruise)4U」が西欧縦断ドライブに出発したと発表した。英国からスペインまで計6カ国の約1万3,000キロメートルの道路を、自動運転モードで5週間かけて走破する計画だ。

同社の自動運転車は、英スコットランドのエディンバラを出発。イングランド南部プリマスから欧州大陸に渡り、ベルリンやカールスルーエ、ミュンヘン、アムステルダム、プラハを経てスペイン南部セビリアに到達した後、パリに帰着する。各国の主要都市内でも自動運転モードを利用し、一般道路でのハンドルやアクセル、ブレーキの自動操作に挑戦する。

ヴァレオの自動運転車は既にフランス国内4,000キロと米国内の2万1,000キロを一部自動運転で走破。9月にはパリの環状道路を24時間にわたり連続走行し、うち99%以上で自動運転モードを利用した。同社は先に、プラハで12月に自動運転技術の研究開発(R&D)センターを開設すると報じられている。自社ブランドの自動運転車を商業化する計画はなく、自動車メーカー各社に独自技術を提供するのが狙いという。


関連国・地域: 英国ドイツフランススペインオランダチェコ米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

仏アムンディ、独DWSとの事業統合を検討(05/22)

外資4行、チェコの国家開発基金に拠出へ(05/22)

アルストム、水素燃料電池列車を受注(05/22)

チェコとドイツ、AI拠点開設に向け協力(05/22)

家電量販セコノミー、第2四半期は4%減益(05/22)

高級車JLR、通期は過去最大の赤字(05/22)

保険アクサの合弁資産管理会社、上海で開業(05/22)

LVMH、プロバンス地方のワイナリー買収(05/21)

欧州議会選控え全国で親欧州デモ(05/21)

仏税関職員スト、2カ月半を経て終結(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン