• 印刷する

イタリア中部で再び大地震、約20人が負傷

イタリア中部で10月30日午前7時40分ごろ(現地時間)、マグニチュード(M)6.6の地震が発生し、約20人が負傷した。約300人が犠牲になった8月の地震以来、4度目の大地震で、過去数十年で最大規模。少なくとも1万5,000人の住民が車やテント、仮設施設など自宅の外で夜を明かした。ANSA通信などが伝えた。

震源地はウンブリア州ノルチャ(Norcia)付近で、規模は1980年に3,000人が死亡した南部カンパニア州の地震以来の大きさだった。首都ローマや300キロ離れたベネチアでも揺れが観測され、翌日までにM4~5前後を含む100回以上の余震があった。

ノルチャでは、14世紀に建てられた聖ベネディクト教会が崩壊したほか、多数の歴史的建造物が被害を受けた。家が崩れる危険性があるため帰宅できない住民も多く、数百人がトラジメーノ湖周辺のホテルや体育館へ避難した。

レンツィ首相は復興作業に向けた緊急閣議を開き、被害を受けた全ての建物の再建に取り組む意向を示した。[環境ニュース]


関連国・地域: イタリア
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

イタリア鉱工業生産、7月は0.7%減少(09/13)

サイペム、ナイジェリアでLNG設備建設へ(09/13)

コンテ内閣、上院でも信任可決=正式始動(09/12)

コンテ新内閣「EU財政規律の見直しを」(09/10)

コンテ新内閣発足、EUとの関係改善に重点(09/06)

伊大統領、コンテ新連立政権を承認(09/05)

米ネットフリックス、トルコで事業免許申請(09/05)

イタリア新車登録台数、8月は3.1%減少(09/04)

コンテ首相、新たな連立政権樹立へ(09/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン