• 印刷する

英のヘイトクライム、EU離脱決定後に41%増加

英国が欧州連合(EU)離脱を決めた6月の国民投票以降、イングランドとウェールズで人種や宗教に基づくヘイトクライム(憎悪犯罪)が急増している。こうした事実が、内務省が13日公表した報告書で明らかになった。

それによると、7月の発生件数は5,468件と前年同月比41%増加。2015/16年全体では6万2,518件と、2014/15年から19%増えている。うち最も多かったのは、人種的な偏見に絡む犯罪で4万9,419件と8割近くを占めた。同性愛者に対するものは全体の12%に上り、2番目に多かった。宗教関連は7%でこれに続いた。

ヘイトクライムはとりわけ投票日直後の発生件数が高く、7月1日には207件と、投票日前の水準から倍増。8月には増加ペースが鈍化したものの、やはり投票前のレベルを上回っている。

こうした事態を受け、アンバー・ラッド内相は7月、ヘイトクライムに対する行動計画を策定。ムスリムや同性愛者に対する偏見の実態把握に加え、インターネット、公共輸送機関などでのヘイトクライム対策に乗り出している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

接触追跡アプリ、イングランドで利用可能に(09/24)

9月は過去3カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(09/24)

スコットランド、世帯間の交流制限を厳格化(09/24)

米ローンスター、アズダ買収合戦から撤退(09/24)

HSBC、香港で中堅幹部含む40人解雇か(09/24)

EU、英国内市場法案巡り提訴を再度示唆(09/24)

ティックトック、域内への情報移転を否定(09/24)

英、在宅勤務を再び奨励 飲食店は営業短縮=半年継続も(09/23)

ドイツ銀も資金洗浄黙認か 米国から流出のフィンセン文書(09/23)

ABインベブ、ビールに注意表示へ(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン