• 印刷する

英のヘイトクライム、EU離脱決定後に41%増加

英国が欧州連合(EU)離脱を決めた6月の国民投票以降、イングランドとウェールズで人種や宗教に基づくヘイトクライム(憎悪犯罪)が急増している。こうした事実が、内務省が13日公表した報告書で明らかになった。

それによると、7月の発生件数は5,468件と前年同月比41%増加。2015/16年全体では6万2,518件と、2014/15年から19%増えている。うち最も多かったのは、人種的な偏見に絡む犯罪で4万9,419件と8割近くを占めた。同性愛者に対するものは全体の12%に上り、2番目に多かった。宗教関連は7%でこれに続いた。

ヘイトクライムはとりわけ投票日直後の発生件数が高く、7月1日には207件と、投票日前の水準から倍増。8月には増加ペースが鈍化したものの、やはり投票前のレベルを上回っている。

こうした事態を受け、アンバー・ラッド内相は7月、ヘイトクライムに対する行動計画を策定。ムスリムや同性愛者に対する偏見の実態把握に加え、インターネット、公共輸送機関などでのヘイトクライム対策に乗り出している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ジュリアス・ベア、南アに事務所開設(11/12)

GDP成長率、0.6%に加速 温暖な気候とW杯で消費拡大(11/12)

リシュモン、上半期は2.5倍弱に増益(11/12)

KPMG、英大企業へのコンサル業務を制限(11/12)

鉱工業生産、9月は横ばい(11/12)

貿易収支、9月は赤字縮小(11/12)

英中銀、金融分野のサイバー攻撃想定の訓練(11/12)

JLR、電動バイク「ベクター」に出資(11/12)

BMWのカーシェア、ロンドンで地域拡大(11/12)

スペイン、観光客は鎮痛剤ノロティル買えず(11/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン