独政府、EU移民の失業手当を5年間認めず

ドイツ政府は12日、欧州連合(EU)加盟国出身の失業者について、入国から5年間は失業手当の受給資格を認めないとする新たな法案を閣議承認した。ドイチェ・ウェレが伝えた。

新法案は連立与党・社会民主党(SPD)所属のナーレス労働社会相が草案を作成。メルケル首相率いるキリスト教民主同盟・社会同盟(CDU・CSU)もこれを積極的に支持する考えを示していた。

独連邦裁判所は昨年、EU市民は入国から半年以上が経過すれば誰でも失業手当の申請資格が与えられるとの判断を下した。しかし、こうした権利を認めれば、生活水準の低い国々から失業手当を目当てにドイツを目指す人が増えるとの懸念が高まっていた。

域内移民への福祉制限は、英国のEU離脱をめぐる国民投票でも大きな焦点となっていた。EUのトゥスク大統領は投票に先立ち、英国の要求通り福祉補助を4年間停止できる「緊急停止権」を導入する妥協案も打ち出していた。[労務]


関連国・地域: 英国ドイツEU
関連業種: 金融・保険社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

伊政府、アリタリアの過半数株を維持へ(07/23)

ボルクワルト、欧州最初のディーラーを選定(07/23)

生産者物価、6月は3%上昇(07/23)

パワーセル、燃料電池スタックを追加受注(07/23)

メルセデス、インドの地方都市で販売を強化(07/23)

ボッシュ、インドネで今年も2桁増収か(07/23)

エアバス、航空部品PFWの売却を再検討(07/23)

スケルトン、タリンから独東部へ工場移転(07/20)

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

ルクソフト、ダイムラー傘下の独同業と提携(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン