• 印刷する

ポーランドのアンジェイ・ワイダ監督が死去

ポーランドの映画監督、アンジェイ・ワイダ氏が9日、90歳で死去した。同氏はおよそ60年にわたり映画監督を務め、40本以上の作品を発表。中でもナチス・ドイツやソ連に対する抵抗を描いた作品で知られ、2000年にはアカデミー賞名誉賞を受賞した。BBC電子版などが伝えた。

現地報道によると、ワイダ氏は入院中の病院で肺不全のため亡くなった。ポーランドの元首相である欧州連合(EU)のドナルド・トゥスク大統領は、「我々ポーランド人は、ワイダ監督を通じてポーランドと自分たちを見つめてきた」と、同氏の死を悼んだ。

ワイダ氏は1926年、教師の母と軍人の父の間に生まれ、1940年にソ連軍がポーランド人将校らを大量虐殺した「カティンの森事件」で父親を亡くした。第二次世界大戦中は対独抵抗運動に参加し、終戦後にウッジ映画大学で学んだ。

1955年に『世代』で監督としてデビューし、1957年の『地下水道』でカンヌ国際映画祭審査員特別賞を、1958年の『灰とダイヤモンド』でベネチア国際映画祭の国際映画批評家連盟賞を受賞。これらの作品は第二次世界大戦中の抵抗運動や戦後の共産主義ポーランドを描いた「抵抗三部作」として知られる。代表作はほかに、共産主義政権下で英雄となった労働者の末路を描いた『大理石の男』(1977年)や、その続編でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞した『鉄の男』(1981年)、『カティンの森』(2007年)など。


関連国・地域: ドイツポーランドロシア
関連業種: メディア・娯楽政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

チェコ、国連移民協定への不参加を閣議決定(11/15)

ポーランドGDP、第3四半期は5.7%拡大(11/15)

ブルガリア、国連の移民協定への署名拒否も(11/14)

サンタンデール、ドイツ銀の一部事業を買収(11/14)

VW、独のEV電池コンソーシアムに参加も(11/14)

ポーランド政府、独立100周年の行進を主催(11/13)

金融イデア・バンク、CEOが辞任(11/12)

中銀、政策金利を1.5%に据え置き(11/12)

製薬リヒター、1~9月期は6.8%増益(11/09)

ポーランドの失業率、10月は横ばいの5.7%(11/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン