• 印刷する

ポーランド議会、中絶禁止案を圧倒的多数で否決

ポーランドの下院(定数460)は7日、人工妊娠中絶に関する規制を強化する法案を反対352対58の反対多数で否決した。ワルシャワ・ボイスなどが伝えた。

同法案については、中絶反対を訴える市民団体が約45万人の署名を集めて抗議していた。妊娠中絶を例外的に認めるのは、出産で母親の命が危険にさらされる場合に限定するほか、これに違反して中絶に踏み切った女性と処置を行った医師に最大5年間の禁固刑を科すとしていた。

与党・法と正義(PiS)はカトリックの教義を促進しているものの、同法案については公式に支持しておらず、議員は自由裁量で投票を行った。同法案をめぐっては3日、女性を中心に約10万人が抗議デモを展開。これを受け、多くの議員が反対票を投じたとみられている。

ポーランドで1993年に成立した現行の中絶禁止法は、欧州の中では厳しい内容で知られており、過去には国外の人権団体が抗議活動を行った経緯がある。ただ現行法では、胎児に治療不可能なダメージがある場合や、レイプ、近親相姦の場合の中絶を認めている。


関連国・地域: ポーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

チェコ、国連移民協定への不参加を閣議決定(11/15)

ポーランドGDP、第3四半期は5.7%拡大(11/15)

ブルガリア、国連の移民協定への署名拒否も(11/14)

サンタンデール、ドイツ銀の一部事業を買収(11/14)

VW、独のEV電池コンソーシアムに参加も(11/14)

ポーランド政府、独立100周年の行進を主催(11/13)

金融イデア・バンク、CEOが辞任(11/12)

中銀、政策金利を1.5%に据え置き(11/12)

製薬リヒター、1~9月期は6.8%増益(11/09)

ポーランドの失業率、10月は横ばいの5.7%(11/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン