• 印刷する

イタリアの改憲めぐる国民投票、12月4日に決定

イタリア政府は26日、憲法改正案をめぐる国民投票を12月4日に実施すると発表した。レンツィ首相は、改憲により上院の権限を大幅に縮小することで政治体制の安定化につながると主張している。しかし、一部の世論調査では反対が賛成を大きく上回る結果も出ており、国民投票の行方は予断を許さない状況となっている。

レンツィ首相は当初、10月初めの投票を予定していたが、反対意見が強まってきたため投票日をできるだけ遅らせることで国民への説得を目指すことになった。同首相は投票日決定の発表後に、「われわれは安定した簡素な国を望んでいる。変化を望むなら力を貸してもらいたい」と訴えた。

改憲案は4月に上下両院で可決されたもので、予算や政府の解散に関する上院の権限をなくすほか、上院の定数を315議席から100議席へ大幅に減らす内容。イタリアでは第2次世界大戦以降、63の政権が誕生しているが、5年の任期を満了した政権は1つもない。レンツィ首相は国民投票で改憲が承認されれば、こうした状況に終止符を打てると訴えている。8月には最高裁判所も国民投票の実施を承認していた。

レンツィ首相は、国民投票で否決されれば辞任すると宣言しており、自らの政治生命を懸ける意向だ。


関連国・地域: イタリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

イタリア、社会保障と年金改革案を閣議決定(01/21)

EU住宅価格、第3四半期は4.3%上昇(01/21)

SWM、二輪車を印で値引き販売(01/21)

香港の投資家、伊インテル株3割を取得か(01/21)

中国、仏豪伊産のワイン輸入が減少(01/21)

格安航空NAS、一部運航路線から撤退(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

英独立党党首ら、ルペン氏の政治会派に合流(01/18)

イタリア製造業受注、11月は0.2%減少(01/17)

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン