ドイツ、出生率が上昇傾向を回復

ドイツで出生率が上向き傾向を回復している。1973年生まれの女性の合計特殊出生率は1.56と、過去最低だった1968年生まれの1.49から上昇した。連邦人口研究所(BiB)の最新調査で明らかになった。

合計特殊出生率は1人の女性が一生に産む子供の平均数で、1950年代から始まるドイツのベビーブーム世代の母親に相当する1930年代半ば生まれの女性が2.22を記録した後は、35年以上にわたって下落傾向が続いていた。

合計特殊出生率は2.1が人口増加と減少の境目とされるが、ドイツでは1930年代後半以降は2を割り込んでいる。連邦統計庁は昨年4月、ドイツの総人口は2013年の8,080万人から2060年には6,760万〜7,310万人に減少するとの見通しを示した。

なおドイツでは全人口の5人に1人が65歳以上で、大衆紙ウェルトによると、この割合は向こう20年で3人に1人になるとの試算もある。高齢化の進行に伴い、年金負担や医療費の拡大が懸念されている。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

VWの世界販売、4月は10.2%増加(05/21)

アリオン銀行、2カ国のナスダックに上場へ(05/21)

ディーゼル車の乗り入れ規制、実施に青信号(05/21)

生産者物価、4月は2%上昇(05/21)

プーマ、NY5番街に旗艦店開設へ(05/21)

高級車アウディ、中国で66万台をリコール(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

最高裁、ビールの健康増進うたう広告を禁止(05/21)

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

独政府、5G向け周波数の入札を来年に延期(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン