• 印刷する

ドイツ、出生率が上昇傾向を回復

ドイツで出生率が上向き傾向を回復している。1973年生まれの女性の合計特殊出生率は1.56と、過去最低だった1968年生まれの1.49から上昇した。連邦人口研究所(BiB)の最新調査で明らかになった。

合計特殊出生率は1人の女性が一生に産む子供の平均数で、1950年代から始まるドイツのベビーブーム世代の母親に相当する1930年代半ば生まれの女性が2.22を記録した後は、35年以上にわたって下落傾向が続いていた。

合計特殊出生率は2.1が人口増加と減少の境目とされるが、ドイツでは1930年代後半以降は2を割り込んでいる。連邦統計庁は昨年4月、ドイツの総人口は2013年の8,080万人から2060年には6,760万〜7,310万人に減少するとの見通しを示した。

なおドイツでは全人口の5人に1人が65歳以上で、大衆紙ウェルトによると、この割合は向こう20年で3人に1人になるとの試算もある。高齢化の進行に伴い、年金負担や医療費の拡大が懸念されている。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独景気期待指数、7月は再び悪化(07/15)

連銀「独経済はパンデミックから回復基調」(07/15)

VW、中国合弁工場でアウディ新型車生産か(07/15)

テュフ、台湾の研究機関と自動運転で提携(07/15)

ダイムラー、1.5万人削減も 労組との協議難航の恐れ(07/14)

独イノジー、ハンガリー社がチェコ事業取得(07/14)

セルビアとコソボ、EU主導の交渉を再開(07/14)

VW、ソフトウエア事業のトップ交代か(07/14)

新型コロナワクチン、独接種希望は6割のみ(07/14)

台湾社、ヘンケルの米金属基板事業を買収(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン