• 印刷する

勤労年数、欧州で最長はアイスランド人

欧州で勤労年数が最も長いのは、アイスランド人——。こうした傾向が、欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットの最新の調査で明らかになった。

ユーロスタットの2014年をベースとした調査によると、アイスランド国民の勤労年数は平均46.2年間と、2位のスイスの42.3年間より4年近く長かった。3位はスウェーデンで41.1年間。これにノルウェーとオランダ(共に39.6年間)が続いた。

一方、勤労年数が最も短いのはイタリアで平均30.7年間。アイスランドに比べ、15年半ほど勤労期間が短い格好だ。このほか、ハンガリー(31.8年間)、ブルガリア(32年間)、ギリシャ(32.1年間)、クロアチア(32.3年間)が下位争いをしている。

EU加盟28カ国の平均勤労年数は35.3年間、ユーロ圏19カ国では35.1年間だった。なお、同統計が初めて実施された2005年ベースの調査では、EUが33.5年間、ユーロ圏が33.4年間となっており、過去9年間に、勤労年数が1年半以上伸びていることが分かった。[労務]


関連国・地域: EUイタリアギリシャスウェーデンスイスアイスランドオランダハンガリーブルガリアクロアチア欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【クルマの新時代】「持たない」は未来か "ネトフリ化"の裏に眠るモビリティーの真価(05/27)

欧州委、VWのヨーロッパカー買収を承認(05/27)

パリ―ベルリンの高速鉄道、来年末にも開業(05/27)

英政府、通信アルティスのBT株取得を調査(05/27)

欧州委、対露制裁の新法案 取り締まり強化で資産押収容易に(05/26)

ステランティス、米でEV電池工場設立へ(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン