• 印刷する

勤労年数、欧州で最長はアイスランド人

欧州で勤労年数が最も長いのは、アイスランド人——。こうした傾向が、欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットの最新の調査で明らかになった。

ユーロスタットの2014年をベースとした調査によると、アイスランド国民の勤労年数は平均46.2年間と、2位のスイスの42.3年間より4年近く長かった。3位はスウェーデンで41.1年間。これにノルウェーとオランダ(共に39.6年間)が続いた。

一方、勤労年数が最も短いのはイタリアで平均30.7年間。アイスランドに比べ、15年半ほど勤労期間が短い格好だ。このほか、ハンガリー(31.8年間)、ブルガリア(32年間)、ギリシャ(32.1年間)、クロアチア(32.3年間)が下位争いをしている。

EU加盟28カ国の平均勤労年数は35.3年間、ユーロ圏19カ国では35.1年間だった。なお、同統計が初めて実施された2005年ベースの調査では、EUが33.5年間、ユーロ圏が33.4年間となっており、過去9年間に、勤労年数が1年半以上伸びていることが分かった。[労務]


関連国・地域: EUイタリアギリシャスウェーデンスイスアイスランドオランダハンガリーブルガリアクロアチア欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

OECD、ユーロ圏の成長見通し引き上げ(05/23)

首相、離脱方針の新提案公表 与野党から内容に批判噴出(05/23)

中欧4カ国、担当相らが高速鉄道の建設支援(05/23)

スペイン製造業受注、3月は1.9%減少(05/23)

日欧EPA、活用するチェコ企業は3分の1(05/23)

閣僚理事会、使い捨てプラ規制案を採択(05/23)

独で連銀総裁をECB次期総裁に推す動き(05/23)

B・スチールが清算手続きに 政府との融資交渉が失敗(05/23)

塩野義、モルテニと便秘症治療薬の販売契約(05/23)

チェコ新法相への抗議デモ、5万人に拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン