• 印刷する

英情報機関のMI6、2020年までに1千人増員へ

英諜報機関の秘密情報部(SIS、通称MI6)は、2020年までに1,000人を増員する計画だ。ITの革新による事業環境の変化に対応し、情報管理を強化する目的。BBC電子版などが21日伝えた。

今回の増員は、昨年11月の戦略的国防・安全保障見直し(SDSR)の一環として行われる。当時のオズボーン前財務相は、新機関「国家サイバーセキュリティーセンター(NCSC)」と政府通信本部(GCHQ)、情報局保安部(MI5)、MI6で合わせて1,900人を増員する方針を明らかにしていた。

MI6のアレックス・ヤンガー長官は20日、情報革命によって事業を取り巻く環境が根本的に変わり、この変化を捉え、対応していかなければならないと話していた。この増員計画は、外部への情報漏えいを防ぐための管理強化の目的もあり、増員後の従業員数は3,500人弱になる見通し。[労務]

ロンドンにある諜報機関MI6の本部(NNA撮影)

ロンドンにある諜報機関MI6の本部(NNA撮影)


関連国・地域: 英国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、5G網のセキュリティー厳格化も(01/21)

離脱協定の大幅変更を拒否 メイ首相、野党の要望に応じず(01/21)

エンプラス、デリパスカ氏の出資率引き下げ(01/21)

ポルトガル、空港に英国人向けの特別レーン(01/21)

仏政府、ハードブレグジット対策を発動(01/21)

小売売上高、12月は0.9%減少(01/21)

SWM、二輪車を印で値引き販売(01/21)

ソジェン、南アフリカ事業を売却(01/21)

蘭フィリップス、イングランドの工場閉鎖へ(01/21)

AFCエナジー、水素燃料のEV充電器導入(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン