英国民、EU離脱の選択を後悔せず

英国民は総じて6月の国民投票における欧州連合(EU)離脱の選択を後悔しておらず、再投票も望んでいない――。グラスゴーのストラックライド大学のジョン・カーティス教授によるこうした分析結果を、AFP通信が21日伝えた。

同教授は国民の52%がEU離脱を選んだ投票後の世論動向を調査。約3カ月を経た今も離脱・残留両派の溝は埋まっておらず、実際の投票結果を受け考えを変えた人は極めて少ないと指摘している。

また投票前には、EUを去れば移民の流入が縮小するとみる国民が過半数に上っていたものの、今やその割合は45%に低下。一方、大半の国民は移動の自由が失われても、EUの単一市場には引き続きアクセスできると期待していることも分かった。

なお英政府統計局(ONS)はこの日、EU離脱の決定は今のところ国内経済にほとんど影響を及ぼしていないとの見方を示している。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン