• 印刷する

駐在員の住みやすさ、欧州トップはチェコ

「駐在員の人気赴任先ランキング」で、チェコが欧州首位に輝いた。英金融大手HSBCホールディングスがインターネット調査会社ユーガブ(YouGov)に委託した最新調査で明らかとなった。

調査は190カ国に居住する駐在員2万6,871人を対象に、今年3~4月に実施。「経済(雇用保障、ワーク・ライフ・バランス、政治など)」「経験(ヘルスケア、治安など)」「家族(社会生活、学校の質、子供の総コストなど)」を主な指標に、45カ国・地域をランキング形式で評価した。

チェコは得点が0.53ポイントと、世界全体で4位。指標別に見ると、「家族」が全体で2位となり、うちサブ指標の「子供の総コスト」は首位だった。

欧州から他にトップテンに食い込んだのは、スイス(5位)とノルウェー(6位)、オーストリア(7位)、スウェーデン(8位)、ドイツ(10位)だった。世界全体でのトップは2年連続でシンガポールで、日本は20位だった。[労務]


関連国・地域: 英国ドイツEUオーストリアスウェーデンスイスノルウェーチェコアジア
関連業種: 医療・医薬品金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ユーロ圏建設業生産、9月は2%増加(11/20)

CSU党首選、バイエルン州首相が出馬へ(11/20)

A・ミタルと新日鉄住金、印社買収で承認(11/20)

離脱協定案の支持求める メイ首相、英産業連盟の総会で(11/20)

ブルガリアのシメオノフ副首相が辞任(11/20)

政府、所得税の高税率適用の下限引き上げへ(11/20)

ダンスケ銀の内部告発者、議会で証言(11/20)

スロバキア失業率、10月は5.23%に低下(11/20)

独経済、第4四半期は力強く回復も=連銀(11/20)

ゴーブ氏、EU離脱相を拒否 後任にはバークレイ氏就任(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン