• 印刷する

ケルンで映像機器見本市「フォトキナ」が開幕

2年に1度開催される世界最大級の映像機器見本市「フォトキナ(Photokina)」が20日、ケルンで開幕した。25日までの日程で、各社がカメラなど映像機器や撮影用照明機器、画像処理ソフトなど最新技術を披露する。前回は51カ国から1,074社が出展し、約18万3,000人が訪れた。 

技術の進歩により展示内容も変化し、360度カメラや360度動画カメラ、超高画質(Ultra HD)技術、仮想現実技術、クラウドストレージ、スマートフォンのアプリ、モノのインターネット(IoT)、家庭用のコネクテッドカメラなどに広がっている。

日系メーカーでは、ニコンが同社初のアクションカメラ「キー・ミッション」3種を公開。中でも「キー・ミッション360」は全方位の動画撮影が可能なもの。パナソニックは「LUMIX」シリーズで動画撮影対応のミラーレスカメラ「GH5」を発表した。これを来年前半にも発売する。ソニーはレンズ交換式デジタル一眼カメラの新商品「α99II」を公開し、キヤノンが「イオスE5」、富士フイルムが「GFX」と、それぞれ新型ミラーレス一眼レフカメラを出展した。米ゴープロは、同社初の空中動画撮影用ドローン「カルマ(Karma)」を披露している。

このほか会場では、独ライカメラが著名写真家たちの400点以上の写真を集めた展示や10人余りの新人写真家による写真展を開いている。


関連国・地域: ドイツアジア米国
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

海運マースク、第3四半期は利益横ばい(11/16)

産業ガスのリンデ、1~9月期は4.2%増益(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

製糖ノルトツッカー、豪マッカイと買収協議(11/16)

化学ヘンケル、第3四半期は8.9%増益(11/16)

イネオス、オフロード車の生産拠点近く決定(11/16)

シクスト、第3四半期は27.3%増益(11/16)

ダイムラー、北京に第2のR&D拠点を新設(11/16)

メルセデス、中国産の「EQC」を来年発売(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン