仏ムスリム市民の4分の1が世俗主義に反対

フランスに在住するイスラム教徒の4人に1人が、世俗主義に反対している——。こうした傾向が、仏日曜紙ジュルナル・デュ・ディマンシュが調査機関Ifopに委託した調査で明らかになった。ロイター通信などが伝えた。

調査は15歳以上のイスラム教徒1,029人を対象に、4月13日~5月23日に行われた。この結果、「ブルカ」や「ニカブ」などイスラム教徒の女性向けの顔全体を覆うベールの着用を容認すべきとの回答が、全体の24%に上った。男女別では、女性が28%と、男性の20%を上回った。フランスでは2011年以降、これらのベールの公共の場での着用を禁止している。

一方、2004年より公立学校での着用が禁止されている頭部を覆うスカーフ「ヒジャブ」については、60%が着用を支持している。また、イスラム法(シャリーア)をフランスの国内法よりも重んじるとした人は29%に上った。

Ifopはかねて、フランスの人口6,500万人のうちイスラム教徒が占める割合は10%前後としていたが、今回、15歳以上のイスラム教徒が全体に占める割合は5.6%と改訂した。25歳未満に限ると割合は10%に上る。また、フランスのイスラム教徒の84%が50歳未満としている。ただ、フランスでは宗教や民族に関するデータを公式に収集することが禁じられていることから、正確な数値の把握は困難となっている。


関連国・地域: フランス
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

愛経済は最大4%縮小も IMF、ハードブレグジット想定(07/23)

自動車部品フォルシア、上半期は10.2%増益(07/23)

ロシアの乗用車生産、6月は15.1%増加(07/23)

防衛タレス、上半期は30%増益(07/23)

エルメス、第2四半期は7.2%増収(07/23)

WTO、米国のエアバスへの制裁要求を審査(07/23)

エアバス、航空部品PFWの売却を再検討(07/23)

ヤマトとJAL、パリにアンテナショップ(07/23)

ソジェン、ベトナムの熱電事業に関心(07/23)

欧州委、RBPLの中核銀行業務売却を承認(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン