• 印刷する

仏ムスリム市民の4分の1が世俗主義に反対

フランスに在住するイスラム教徒の4人に1人が、世俗主義に反対している——。こうした傾向が、仏日曜紙ジュルナル・デュ・ディマンシュが調査機関Ifopに委託した調査で明らかになった。ロイター通信などが伝えた。

調査は15歳以上のイスラム教徒1,029人を対象に、4月13日~5月23日に行われた。この結果、「ブルカ」や「ニカブ」などイスラム教徒の女性向けの顔全体を覆うベールの着用を容認すべきとの回答が、全体の24%に上った。男女別では、女性が28%と、男性の20%を上回った。フランスでは2011年以降、これらのベールの公共の場での着用を禁止している。

一方、2004年より公立学校での着用が禁止されている頭部を覆うスカーフ「ヒジャブ」については、60%が着用を支持している。また、イスラム法(シャリーア)をフランスの国内法よりも重んじるとした人は29%に上った。

Ifopはかねて、フランスの人口6,500万人のうちイスラム教徒が占める割合は10%前後としていたが、今回、15歳以上のイスラム教徒が全体に占める割合は5.6%と改訂した。25歳未満に限ると割合は10%に上る。また、フランスのイスラム教徒の84%が50歳未満としている。ただ、フランスでは宗教や民族に関するデータを公式に収集することが禁じられていることから、正確な数値の把握は困難となっている。


関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

仏の風力発電量、ガス抜いて3番目に(03/05)

トタル、サウジで太陽エネルギー合弁を設立(03/05)

華晨ルノー金杯、1月の新車販売は32%増(03/05)

ダノン、中国・蒙牛乳業株を売却へ(03/04)

仏、アストラ製ワクチン接種の対象年齢拡大(03/03)

食品ダノン、CEOと会長ポストを分離へ(03/03)

サルコジ元大統領に実刑判決 司法情報巡る不正献金問題(03/02)

ドイツ、仏北東部からの入国規制強化(03/02)

仏新車登録台数、2月は20.9%減少(03/02)

小売りカジノ、通期は8%増益(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン