• 印刷する

英政府、仏カレー港にフェンス建設=難民対策で

英内務省は間もなく、仏北西部カレーの仮設難民キャンプ(通称「ジャングル」)付近で、高さ4メートルのフェンスの建設に着手する。移民や難民の英国流入を食い止める目的で、年内の完工を目指す。BBC電子版などが7日伝えた。

新たなフェンスはカレー港に向かう主要道路の両脇に設置するもので、全長1キロメートルに上る。9月中にも着工する見通しだ。一部メディアは万里の長城になぞらえ「カレーの長城」と呼んでいるが、これは既に設置済みのカレーの港湾や英仏海峡トンネルの入口周辺などのフェンスを置換するものではない。

政府はフェンスの建設費用を明らかにしていないが、一部メディアは1,900万ポンドに上ると伝えている。

渡英を目指す「ジャングル」の難民の多くはこれまで、カレー港や英仏海峡トンネルに向かうトラックなどに乗り込もうと試みてきた。こうした現状にしびれを切らし、先には仏人トラック運転手や農業従事者らが「ジャングル」の閉鎖を求め、カレーに向かう道路を封鎖した。


関連国・地域: 英国フランスアジア
関連業種: 農林・水産建設・不動産運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ゴーン氏、会社法違反で東京地検が追起訴(04/23)

AGC、ハンガリー工場の生産能力拡大(04/23)

エンジー、米エムコア・グループの買収検討(04/23)

4月は過去3カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(04/23)

仏黄色いベスト運動、聖堂再建の寄付金批判(04/23)

キングスパン、ベルギー社の2事業に買収案(04/18)

アグリコル、西サンタンデールと事業統合へ(04/18)

欧州新車登録、3.9%減少 主要5カ国が軒並み不振=3月(04/18)

マクロン大統領「5年でノートルダム再建」(04/18)

自動車産業の「命取り」になりうるCO2規制 <連載コラム・自動車産業インサイト>第33回(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン