• 印刷する

独で多額の借金を抱える家庭増加=187万世帯に

ドイツで、多額の借金を抱える家庭が増加しているーー。労働社会省のデータを元に、ノルトウェルト・ツァイトゥングが6日伝えた。

それによると、多重債務に陥り長期間にわたって返済できずにいる家庭は187万世帯と、10年前から14%増えている。

ドイツ連邦統計庁が先に公表した報告書では、多額の借金を抱え込む理由として失業が20%と多く、家計支出の管理に問題があったとしたのも11%に上った。病気や中毒、事故なども挙げられている。

左派党のサビーヌ・ツィマーマン副党首は、「失業や病気、低所得などで借金地獄に陥る人が増えている」と指摘した上で、負債の深刻化は貧困リスクの高まりや社会保障システムの脆弱(ぜいじゃく)性を象徴しているとして警鐘を鳴らした。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 医療・医薬品金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

メイ首相、打開策求め奔走 EU側の首脳陣と相次ぎ会談(12/12)

【欧州企業よもやま話】第269回:ヘラー 次世代車の未来照らす(12/12)

ダンスケ銀、スウェーデンの年金事業を売却(12/12)

EV電池調達に200億ユーロ ダイムラー、2030年までに投資(12/12)

フォード、欧州事業の再編に着手(12/12)

米金属部品タワー、欧州事業をFSDに売却(12/12)

ポーランドの貿易収支、1~10月は赤字転落(12/12)

ZEW景気期待指数、12月は改善(12/12)

BDI、企業に合意なし離脱の備え呼び掛け(12/12)

カールツァイスメディテック、9%増益(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン