• 印刷する

女の子の名前、英で「アメリア」が首位維持

英国で最も人気がある女児の名前は5年連続で「アメリア」だった。男児は3年連続でトップが「オリバー」だったほか、「ノア」が初めてトップテン入りを果たしている。政府統計局(ONS)は2日発表した2015年の統計で明らかになった。

イングランドの全9地域中、「アメリア」と「オリバー」は共に7地域でトップ。これら2つはウェールズでも最大の人気を誇っている。女児はイングランド東部など2地域で「オリビア」が、男児ではロンドンを含むやはり2地域で「ムハンマド」がそれぞれ首位に立った。

上位10位のうち、10年前もトップテン入りを果たしていたのは、女の子では「オリビア」「エミリー」「エラ」「ジェシカ」。男の子では、「オリバー」「ジャック」「ハリー」「ウィリアム」「トーマス」が人気の根強い人気を見せた。

一風変わった名前として、男児17人、女児15人が「ベビー」と名付けられた。また、映画や人気ドラマの主人公にちなんで命名するケースなどが男女共にみられた。

イングランドとウェールズで昨年に登録された新生児は69万7,852人。男の子には2万7,000種類以上、女の子には3万5,000種類以上の名前が登録されており、上位100位が全体に占める割合は男児が52%、女児が43%だった。


関連国・地域: 英国
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

BMW、ブレグジット後に英工場の生産休止(09/20)

テスコ、格安形態の店舗開業 国産食品主力で独同業に対抗(09/20)

欧州新車登録、31.2%増加 WLTP適用前モデルの値引きで(09/20)

ノボノルディスク、R&D部門の400人整理(09/20)

インフレ率、8月は2.7%に加速(09/20)

セインズベリーのアズダ買収、本格調査へ(09/20)

EU、11月の英離脱臨時サミット開催を協議(09/20)

GSK、インド事業売却にネスレなど名乗り(09/20)

下院財務委、仮想通貨規制の早期導入を要求(09/20)

生産者物価、8月は2.9%上昇(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン