ベルリン~ミュンヘン間の移動が4時間に短縮へ

ドイツで首都ベルリン~バイエルン州ミュンヘン間を4時間弱で結ぶ新たな鉄道路線の敷設が進められている。8月31日には、テューリンゲンの森を通る部分が完成。予定通り2017年12月に開通した暁には、移動時間が2時間ほど短縮されることになる。南ドイツ新聞が伝えた。

東西ドイツが統一された1991年に連邦政府は17件の国家プロジェクトを立ち上げており、交通プロジェクトはその1つ。新しい路線はベルリンからライプチヒ、エアフルト(Erfurt)、ニュルンベルクを経てミュンヘンに到達するが、現在はわざわざフランクフルトを経由する必要があり、約6時間10分かかる。しかも運賃は75~120ユーロと割高なため、約20ユーロのバスに7時間ほど乗るか、飛行機を選ぶ人が多い。

この路線は29本の橋と22本のトンネルを通る。最終的なプロジェクト費用は約100億ユーロと、当初の予算の2倍超に膨らむ見通しだ。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 電力・ガス・水道運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ドイツ銀、7千人超を整理へ ゼービング新CEOが再建に着手(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

GfK消費者信頼感、6月はやや悪化(05/25)

新素材開発コベストロ、M&Aに意欲(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン