• 印刷する

ドイツ人の余暇、テレビやネットが主流に

ドイツ人の余暇の過ごし方として、読書や映画鑑賞の人気が低下する一方、テレビやインターネットを楽しむ人がますます増えている。ドイツの未来研究財団が市場調査会社GfKに委託して行った調査で、このような傾向が明らかになった。

GfKは5~6月、14歳以上の約3,000人を対象に調査を実施。それによると、仕事や学校が終わった後に少なくとも週1回はテレビを見ると回答した人が全体の97%に上った。ただ家族や友人と一緒に鑑賞する人は減っている。

またラジオも、余暇の過ごし方の1つに挙げた人が9割に上るなど、依然として人気が高い。自宅からの電話は90%、外出先での電話は75%、インターネットは76%といずれも高水準で、ネットサーフィンが初めて読書を上回った。

一方、友人との交流を挙げた人はわずか17.3%と1年前から8.7ポイント低下。セックスをして過ごすという人も30.3%に減っている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独アイスマン、ハンガリー工場拡張へ(01/21)

ルノー、昨年は再び記録更新 中国2ブランド組み入れが寄与(01/21)

独政府、5G網のセキュリティー厳格化も(01/21)

ドイツと中国、金融協力と市場開放で合意(01/21)

パルメット、独EWEのトルコ資産を買収か(01/21)

欧州委、BASFのソルベイ事業買収を承認(01/21)

豪連邦裁、VWに不正周知の幹部名公表命令(01/21)

AFCエナジー、水素燃料のEV充電器導入(01/21)

シュコダ、昨年のインド市場は66.2%減益(01/18)

露マグニト、競合レンタの元CEOが社長に(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン