• 印刷する

ドイツ人の余暇、テレビやネットが主流に

ドイツ人の余暇の過ごし方として、読書や映画鑑賞の人気が低下する一方、テレビやインターネットを楽しむ人がますます増えている。ドイツの未来研究財団が市場調査会社GfKに委託して行った調査で、このような傾向が明らかになった。

GfKは5~6月、14歳以上の約3,000人を対象に調査を実施。それによると、仕事や学校が終わった後に少なくとも週1回はテレビを見ると回答した人が全体の97%に上った。ただ家族や友人と一緒に鑑賞する人は減っている。

またラジオも、余暇の過ごし方の1つに挙げた人が9割に上るなど、依然として人気が高い。自宅からの電話は90%、外出先での電話は75%、インターネットは76%といずれも高水準で、ネットサーフィンが初めて読書を上回った。

一方、友人との交流を挙げた人はわずか17.3%と1年前から8.7ポイント低下。セックスをして過ごすという人も30.3%に減っている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独、移民規制の緩和で基本合意(12/02)

ボッシュの自動駐車ソフト、独で承認(12/02)

横浜ゴム、独で情報セキュリティー認証取得(12/02)

小売売上高、10月は2.8%減少(12/02)

メルセデス、越で3ブランド大幅値上げ(12/02)

Bグリム、タイで熱電併給発電所を稼働(12/02)

独、送電テネット出資巡りオランダと協議(12/01)

独製造業界、原材料不足が緩和=Ifo(12/01)

VW、台湾フォックスコンに製造委託も(12/01)

インフレ率、11月は10%に減速=速報値(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン