HSBCと恒生銀、香港でクレカ優待を削減

英金融大手HSBCホールディングスと傘下の恒生銀行(ハンセン銀行)は、クレジットカードの利用を対象とした優待措置を縮小する。コスト削減が狙いとみられる。スタンダードなどが24日伝えた。

それによると、HSBCは11月から、プラチナカード保有者がインターネットでの保険料支払いで得られるキャッシュバックポイントの取得額を月額1万HKドル(1,290米ドル)までとする。現在は上限を設けていない。

一方のハンセン銀行は10月以降、保険料のネット支払いで得られるポイント「キャッシュ・ダラー」の取得上限額を月額1万HKドルに設定する予定。

こうしたポイントの削減や取り消しは、既に香港の銀行の多くが実施している。【NNA香港】


関連国・地域: 香港英国アジア
関連業種: IT・通信金融・保険商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン