• 印刷する

HSBCと恒生銀、香港でクレカ優待を削減

英金融大手HSBCホールディングスと傘下の恒生銀行(ハンセン銀行)は、クレジットカードの利用を対象とした優待措置を縮小する。コスト削減が狙いとみられる。スタンダードなどが24日伝えた。

それによると、HSBCは11月から、プラチナカード保有者がインターネットでの保険料支払いで得られるキャッシュバックポイントの取得額を月額1万HKドル(1,290米ドル)までとする。現在は上限を設けていない。

一方のハンセン銀行は10月以降、保険料のネット支払いで得られるポイント「キャッシュ・ダラー」の取得上限額を月額1万HKドルに設定する予定。

こうしたポイントの削減や取り消しは、既に香港の銀行の多くが実施している。【NNA香港】


関連国・地域: 香港英国アジア
関連業種: 金融IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

<ブレグジットと欧州の行方>第14回 パーフェクトストームに突入か・瓦解し始めた英自動車産業(02/22)

英・EU首脳が見直し協議 離脱協定で「建設的な話し合い」(02/22)

通信テレフォニカ、第4四半期は12%減益(02/22)

VW、米の輸入関税でコスト数十億ユーロ増(02/22)

金融バークレイズ、通期は1%減益(02/22)

財政収支、1月は過去最高の黒字(02/22)

アグテックのインセクト、1.2億ドル超調達(02/22)

ガス・電力セントリカ、通期は12%増益(02/22)

JDスポーツ、フットアサイラムに追加出資(02/22)

シェル、オマーンとガス開発で暫定合意(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン