独裁判所、夜学でのニカブ着用禁止を支持

ドイツの裁判所は22日、イスラム教徒の女性が目以外の顔全体を覆うニカブを、教室で着用するのを禁じた学校の方針を支持する判決を下した。ロイター通信が伝えた。

この裁判は、ドイツ北西部オスナブリュック(Osnabruck)の夜間学校で、18歳の少女がニカブ着用を理由に入学許可を取り消されたことに端を発する。学校側は少女の服装が、教育の場に必要な生徒同士の自由なコミュニケーションを妨げると説明。また本人かどうか確認できず替え玉受験など不正疑惑を生むと主張。一方、少女は「ニカブの着用は宗教上の義務」であり、授業前に女性教師に顔を見せるのは構わないと反論していた。

少女はこの日、地元の行政裁判所に出廷する予定だったが、メディアの注目を浴びたこともあり裁判を欠席。このため裁判所は少女の訴えを却下した。

デメジエール内相は先に、メルケル首相率いるキリスト教民主同盟・社会同盟(CDU・CSU)に所属する各州内相と採択した難民・テロ問題をめぐる共同宣言の一環で、ブルカなど顔全体を覆うベールを一部禁止する方針を明らかにしていた。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: アパレル・繊維社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

オーストリア航空、成田―ウィーン線を再開(05/18)

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

ビエドロンカ、宅配ロッカー大手と提携(05/18)

独政府、5G向け周波数の入札を来年に延期(05/18)

トールコレクト、工期遅れ巡り政府と和解(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

家電量販セコノミー、第2四半期は黒字復帰(05/18)

EU、米鉄鋼関税除外なら自動車市場開放も(05/18)

送電ナショナル・グリッド、通期は6%減益(05/18)

建設業の成長率、今年は6%を予想(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン