• 印刷する

仏南部で高速列車が倒木に衝突=約60人が負傷

フランス南部のニーム(Nimes)近郊で17日午後3時45分ごろ(現地時間)、2階建ての高速列車が倒木に衝突し約60人が負傷した。うち8人は重傷という。AFP通信などが伝えた。

事故当時、列車はニーム~モンペリエ(Montpellier)間を時速140キロメートルで運行していた。衝突による衝撃で、1両目の前面はひどく損傷し、窓ガラスも割れた。現場はニームから南西へ28キロメートルほど離れたリュネル(Lunel)付近で、線路脇の私有地に植えられていた非常に高いマツの木が嵐で根元から抜け、線路上に倒れていた。

列車には220人近くが乗っていたが、一部の乗客はイスラム過激派による攻撃だと勘違いし、パニックに陥ったという。


関連国・地域: フランス
関連業種: 運輸政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ率、7月は1.1%に減速=改定値(08/16)

失業率、第2四半期は過去10年半で最低(08/15)

シュタインホフ、仏事業で雇用削減検討(08/15)

プジョー、マレーシアで現地生産SUV販売(08/15)

バンシ、豪ホバート空港の買収に関心(08/14)

PSAと東風汽車の合弁、レイオフを計画か(08/13)

仏製造業生産、6月は2.2%減少(08/12)

伊上院、伊仏間高速鉄道の敷設反対案を否決(08/09)

エアバス、マにヘリ仕上げ納入拠点を開設(08/09)

英食事配達デリバルー、パリで配達員が抗議(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン