仏南部で高速列車が倒木に衝突=約60人が負傷

フランス南部のニーム(Nimes)近郊で17日午後3時45分ごろ(現地時間)、2階建ての高速列車が倒木に衝突し約60人が負傷した。うち8人は重傷という。AFP通信などが伝えた。

事故当時、列車はニーム~モンペリエ(Montpellier)間を時速140キロメートルで運行していた。衝突による衝撃で、1両目の前面はひどく損傷し、窓ガラスも割れた。現場はニームから南西へ28キロメートルほど離れたリュネル(Lunel)付近で、線路脇の私有地に植えられていた非常に高いマツの木が嵐で根元から抜け、線路上に倒れていた。

列車には220人近くが乗っていたが、一部の乗客はイスラム過激派による攻撃だと勘違いし、パニックに陥ったという。


関連国・地域: フランス
関連業種: 運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

PGNiG、イランでのガス開発一時中止も(05/22)

仏電力公社、英の風力発電資産を一部売却へ(05/22)

メルセデス、仏工場でEV生産へ(05/22)

ヴェオリア、チェコで熱電供給施設を建設へ(05/22)

鶏肉加工LDC、同業ドゥーの工場を取得(05/22)

小売りカルフール、上海で新店舗を開設(05/22)

米国の対イラン制裁に対抗策 EU、欧州企業の保護へ行動指針(05/21)

エアビー、デンマーク当局に家主収入報告へ(05/21)

エアバス、UAEリース会社が400機発注も(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン