• 印刷する

ポーランド初のジカ熱感染を確認

ワルシャワ大学は16日、国内初のジカ熱感染が確認されたと発表した。ポーランド通信が伝えた。

それによると、感染者はドミニカ共和国とコロンビアに滞在していた2人。渡航先での感染で、健康状態などは明らかにされていない。国内感染の心配はないとしている。

ワルシャワ大学は、ワルシャワ医科大学と共同で研究機関を運営しており、同国で唯一、ジカ熱研究を行っている。

ジカ熱は蚊を介した感染症で、昨年5月にブラジルで症例が確認されて以降、中南米を中心に感染が拡大。感染した場合は発熱などの症状が現れることもあるが、約8割は発症せず、母子感染や性行為を通じた感染を除けば人から人に直接感染した事例もない。ただ妊婦が感染すると、重度の障害の原因となる小頭症を患う子供が生まれる可能性があるとされる。


関連国・地域: ポーランド中南米
関連業種: 医療・医薬品観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米シスコ、クラクフ支店への投資拡大へ(04/18)

ドイツの対露投資、過去10年で最高に(04/18)

【ウイークリー統計】第35回 牛乳の使い道とアイスクリーム(04/18)

ブリンキー、ブダペストで設置台数が3倍に(04/17)

ポーランド、民間年金資産を個人口座に移管(04/17)

閣僚理事会、著作権指令の改正案を採択(04/17)

米ビザ、露小売店で現金引き出しの試験展開(04/17)

EU、新ガス導管に2億ユーロの助成金拠出(04/17)

ANA、愛社とプラットフォーム開発で提携(04/16)

アリオル銀、出版物販売Ruchの全株取得へ(04/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン