• 印刷する

ロンドン地下鉄、24時間運行が19日に開始

ロンドン地下鉄(LU)の週末24時間運行サービス「ナイトチューブ」の営業が19日から始まる。乗客数が特に多い金曜と土曜の夜が対象で、ここ数年で急増する需要に応えたもの。バスやタクシーに代わる深夜の交通手段としてロンドン市民の支持を集めており、経済効果も期待されている。

サービスはまず、セントラル線とビクトリア線で開始。ビクトリア線は全線を対象に平均10分間隔で運行し、セントラル線はホワイトシティー~レイトンストーン間が10分間隔、イーリングブロードウェイ~ホワイトシティー間とレイトンストーン~ラフトン/ヘイノールト間が20分間隔となる。今秋にはピカデリー線とジュビリー線、ノーザン線に拡大する予定だ。

運賃は平日のオフピークと同じ料金が適用され、切符の有効期間は午前4時半まで延長される。また、駅構内には日中と同様にスタッフを配置する。

ロンドンでは、ナイトバスの利用者数が2000年以降で2.5倍以上に拡大。金曜と土曜の午後10時以降の地下鉄利用者は50万人を超えている。ナイトチューブは昨年9月に導入される予定だったが、度重なる従業員のストライキにより延期を余儀なくされていた。運輸関係労働組合(RMT)とLUは今年3月、運転士の勤務体系などに関する交渉で妥結した。

ロンドン交通局(TfL)によると、ナイトチューブの導入により、夜間の移動が平均20分、最大で1時間余り短縮される見通し。また、2,000人の雇用創出と3億6,000万ポンドの経済効果が見込まれている。24時間運航は今後、他の地下鉄路線や地上鉄道網オーバーグラウンド、ドックランズ・ライト・レールウェイ(DLR)にも導入される計画だ。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ヒースロー空港、欧州首位転落 第3四半期は利用者数8割減(10/29)

一時帰休後の失職率、若者と非白人で高く(10/29)

メルセデス、アストンマーティンに追加出資(10/29)

BT、大都市でエリクソンから5G機器調達(10/29)

製薬GSK、第3四半期は13%減益(10/29)

金融HSBC、年初から6千人削減(10/29)

ユニリーバ、インドネシアで1.3%減益(10/29)

飲食店、一部で“抜け穴”利用 ビジネス客呼び込みを政府が警戒(10/28)

ヒア、カーナビで英ホワット3ワーズと提携(10/28)

英首相、休暇中の給食無料提供を検討か(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン