• 印刷する

独で数人が男性襲撃、1人負傷=テロは否定

独西部ケルンの中心部で15日午前3時43分ごろ(現地時間)、34歳の男性が刃物で襲われ、頭部などに大けがを負った。目撃者によると現場では複数の男が口論しており、銃声も聞こえたという。警察は、事件の背景は依然として不明だが、テロの関連性は見当たらないとしている。

警察によると、男性は自家用車の中で発見され、頭部のけがのほか、刺し傷もあった。車両には弾痕があり、現場ではガラス片や血痕、薬きょうが見つかった。目撃者は複数車両が走り去ったと証言しており、当局は付近のバーにいた数人の男を参考人として事情聴取。事件との関係が疑われる2車両も押収した。

現地紙エクスプレスによると、3~4人の男がもう1人の負傷した男と口論しており、全員が正装をしていた。犯人のうち2人は現在も逃走中とみられる。警察は凶器について、オノ、ナイフ、拳銃のいずれとも特定できないとしている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

電力エーオン、充電網構築 商用車MANと=電動トラック用(07/12)

半導体メレキシス、マレーシアに検査施設(07/12)

独政府、5G通信網から中国製品排除で合意(07/12)

NATO、ウクライナに400億ユーロ支援(07/12)

リントナー財務相、所得税の減税草案を提出(07/12)

岸田首相、ショルツ氏と12日に首脳会談(07/12)

マスダール、北海の風力発電で開発許可申請(07/12)

VW、ポツダムの技術開発拠点閉鎖へ(07/12)

豊田通商、ドイツでグリーン水素合弁設立(07/12)

アルストム、独で列車受注=最大28億ユーロ(07/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン