• 印刷する

カンヌ市、ムスリム用水着「ブルキニ」を禁止

フランス南東部プロバンス・アルプ・コートダジュール地域圏のカンヌは、海岸でのイスラム教徒の女性向けの水着「ブルキニ」の着用を禁止する条例を発令した。同国がテロの脅威にさらされている現在、宗教色の強い水着は公共の秩序を乱す恐れがあるとしている。AFP通信などが12日伝えた。

条例は「モラルと世俗主義を尊重しない衣服での海岸へのアクセスや遊泳を禁止する」と明記。ブルキニは、女性は顔と手足以外を覆うとするイスラム教の教えに則っているため、これに該当する。同市のリスナール市長はイスラム教を含む宗教的シンボルを禁止しているわけではないとする一方、「ブルキニはイスラム過激派の象徴」と断言。公共スペースでは守られるべきルールがあると述べた。違反者には38ユーロの罰金が科される。

これに対し、複数の反・反イスラム主義団体が提訴の構えを見せているほか、国際人権連盟傘下の人権団体もこの条例が違法に当たると非難している。

フランスでは7月、南東部ニースでトラックが群集に突入し84人が死亡するテロ事件が発生。北部ルーアン(Rouen)でもイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」メンバーを自称する男2人が教会に立てこもり、神父を殺害する事件が起きた。こうした中、同国では反イスラム主義が高まっている。

フランスでは2011年、ブルカやニカブなど顔全体を覆うベールの着用を禁じる法律が発効。ただ、頭髪のみを覆うヒジャブはこれに該当せず、ブルキニについての規定もない。

ブルキニを着用する女性(Photo by Giorgio Montersino/Wikimedia Commons)

ブルキニを着用する女性(Photo by Giorgio Montersino/Wikimedia Commons)


関連国・地域: フランス
関連業種: 繊維運輸観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、ゴーン氏の会長兼CEO職解任も(01/17)

ノキア、フィンランドで年内に350人整理へ(01/17)

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

パリの空港利用者数、2018年は3.8%増加(01/17)

欧州委、税制巡る加盟国の拒否権廃止を提案(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

DSオートモビルズ、SUVで韓国進出(01/17)

カルデリス、台湾社と耐火物実験室を設立(01/17)

ブロックチェーン取引VAKT、トタルなど参加(01/17)

PSAの販売台数、通期は6.8%増加(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン