ロンドン市、バス停などで大気汚染注意報を表示

ロンドンで15日から、街中に大気汚染の注意報が表示される。サディク・カーン・ロンドン市長が進める大気汚染対策の一環で、地下鉄やバス停、幹線道路などの電光掲示板を利用する。

ロンドン市は、環境省やケンブリッジ大学などが共同で提供している大気汚染予報「エアテキスト(airTEXT)」を採用。この予報が「大気汚染レベルが高い」または「非常に高い」を示した場合、前日から当日にかけて、市内2,500カ所のバス停およびテムズ川のフェリー乗り場、270の地下鉄駅、幹線道路沿いの140カ所の電光掲示板に注意報が表示される。また、カーン市長もツイッターを通じて市民に呼び掛けるという。

ロンドンでは毎年およそ9,400人が、大気汚染が原因で死亡している。カーン市長は5月の就任以来、大気汚染対策を最優先課題の1つに設定。最新調査によると、1万5,000人の回答者のうち79%が、健康を守るため事前に情報を受け取りたいと訴えたという。同市長は2017年初めにも具体的な施策を発表する方針で、これには排ガス量の多い車が中心部に乗り入れる際の通行料引き上げや、超低排出区域の拡大、ディーゼル車の買い換え促進策などが盛り込まれる予定だ。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車IT・通信医療・薬品天然資源商業・サービス運輸・倉庫マスコミ・出版・広告社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ヒースロー、拡張巡り自治体が司法審査要請(07/23)

星金融BOS、ルクセンブルクに子会社設立(07/23)

愛経済は最大4%縮小も IMF、ハードブレグジット想定(07/23)

伊政府、アリタリアの過半数株を維持へ(07/23)

パウンドワールド、全335店舗を閉鎖へ(07/23)

インドネ・ガルーダ航空、英国便の廃止検討(07/23)

英バーバリー、3千万ポンド相当の商品破棄(07/23)

アストンマーティン、「空飛ぶ自動車」発表(07/23)

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン