ロンドン、テロ対策で武装警官を600人増員

ロンドン警視庁は3日、市内に配備する武装警官の数を600人増やし、2,800人にすると発表した。テロ対策の一環。

英国では警察官は通常は銃火器を装備していないが、主要都市の中心部や観光地などでは武装警察官がパトロールしている。サディク・カーン市長は、テロへの警戒レベルが引き上げられたわけではないとしながらも、「最近に欧州で起こったさまざまなテロ行為を鑑みれば、不測の事態に備えることが重要だ」と話している。

イングランドとウェールズの武装警官の数は、2009/10年の7,000人弱から2013/14年には5,875人にまで減少。ただその後は横ばい傾向にあり、昨年3月時点では5,639人となっている。一方、当局は4月にイングランドとウェールズで武装警官向けの人員を新たに1,500人採用する計画を発表。スコットランド自治政府も6月、90人を新規雇用することを決めており、同地域で展開する武装警官は365人に拡大する見通しだ。

欧州では、フランス南部のニースで7月14日、花火の見物客にトラックが突っ込み84人が死亡する事件が起きたほか、ドイツでも7月18〜24日に銃の乱射事件や自爆テロなど相次いで4件のテロ行為が発生し、計10人が死亡した。

厳重な装備に身を包む対テロ特別銃火器チーム(ロンドン警視庁提供)

厳重な装備に身を包む対テロ特別銃火器チーム(ロンドン警視庁提供)


関連国・地域: 英国ドイツフランス
関連業種: 社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

アリオン銀行、2カ国のナスダックに上場へ(05/21)

セインズベリー買収計画で聞き取り調査(05/21)

英政府、シェールガス開発の追加支援策発表(05/21)

ロイズ銀、愛の住宅ローン資産を売却(05/21)

製薬アストラゼネカ、第1四半期は38%減益(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

車の最先端技術、英国で32万人の雇用創出も(05/21)

DEPA、送ガス子会社を伊エニに売却(05/18)

オカド、米クローガーと提携 食品配達向け技術提供=米国進出(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン