フランス、過激派とみられるモスク20カ所を閉鎖

フランスのカズヌーブ内相は、昨年12月以降、過激なイスラム思想を説いているとみられるモスクや礼拝施設20カ所近くを閉鎖したと明らかにした。過激派思想の拡大阻止に向け、今後も新たにモスクを閉鎖し、国外からの資金の流れを遮断する方針という。AFP通信などが伝えた。

カズヌーブ内相は、「フランスには、礼拝所やモスクで憎悪をあおったり、男女平等をはじめとするわが国の基本理念を尊重しない者の居場所はない」と断言。このため非常事態宣言や法的・行政的措置を通じ、一部モスクの閉鎖を決めたと説明している。

フランスでは先に、北部ルーアン(Rouen)郊外の教会でイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」メンバーを自称する男2人が神父を殺害する事件が起きるなど、過去1年余りの間にイスラム過激派によるテロが続発。政府はこうした事態に対応せざるを得ないとして、イスラム厳格派サラフィー主義を唱えるモスクの取り締まりを進める方針を示している。なおフランスにはモスクが約2,500カ所あり、うちサラフィー主義のモスクは120カ所程度。


関連国・地域: フランス
関連業種: 社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

愛経済は最大4%縮小も IMF、ハードブレグジット想定(07/23)

自動車部品フォルシア、上半期は10.2%増益(07/23)

ロシアの乗用車生産、6月は15.1%増加(07/23)

防衛タレス、上半期は30%増益(07/23)

エルメス、第2四半期は7.2%増収(07/23)

WTO、米国のエアバスへの制裁要求を審査(07/23)

エアバス、航空部品PFWの売却を再検討(07/23)

ヤマトとJAL、パリにアンテナショップ(07/23)

ソジェン、ベトナムの熱電事業に関心(07/23)

欧州委、RBPLの中核銀行業務売却を承認(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン