ドーバーで渡仏車両が大渋滞、解消は数週間後か

英南東部のドーバー港とこれにつながる幹線道路で23日夜から大渋滞が発生し、フェリー乗船までの待ち時間が一時は最大14時間に達した。夏季休暇で渡仏する車が急増した上、フランスの国境警備がドーバー港での保安審査を強化したため。25日に状況は大きく改善したものの、完全に解消するには今後数週間はかかる可能性があるという。BBC電子版などが報じた。

フランスは7月初めにニースで発生したテロを受け、国境警備を厳格化した。しかしドーバー港では人員不足のため、殺到する旅行客に対応できない状況に陥った。このため大渋滞で車中泊を余儀なくされる人々が続出し、地元ケント州の警察や沿岸警備隊などが旅行客に飲み水を供給するなどの対応に追われた。

これに対して、英国の国境警備当局が24日夜から人員を投入。車両検査などフランスの保安審査の支援に回ったことで、渋滞はようやく緩和に向かっている。ただケント州の警察当局は、今後も大渋滞が発生する恐れがあるとして、旅行客に対して旅程に十分な余裕を持たせるとともに、渋滞に備えて食料と水を確保しておくよう呼び掛けている。


関連国・地域: 英国フランス
関連業種: 運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ヒースロー、拡張巡り自治体が司法審査要請(07/23)

星金融BOS、ルクセンブルクに子会社設立(07/23)

愛経済は最大4%縮小も IMF、ハードブレグジット想定(07/23)

伊政府、アリタリアの過半数株を維持へ(07/23)

パウンドワールド、全335店舗を閉鎖へ(07/23)

インドネ・ガルーダ航空、英国便の廃止検討(07/23)

英バーバリー、3千万ポンド相当の商品破棄(07/23)

アストンマーティン、「空飛ぶ自動車」発表(07/23)

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン