• 印刷する

仏下院、非常事態宣言の延長可決

仏国民議会(下院に相当、定数577)は20日、非常事態宣言をさらに6カ月延長し来年1月末までとする法案を、489対26の賛成多数で可決した。同宣言は昨年11月のパリ同時多発テロ後に発令され、7月26日付で解除される予定だったが、南東部ニースで14日に起きたトラック突入テロを受け政府は急きょ方針を転換した。延長はこれで4度目。AFP通信などが伝えた。

法案は元老院(上院に相当、定数348)の承認を経て成立する見通し。

非常事態宣言の発令下では、警察は令状がなくとも「安全や公の秩序」への脅威と見なされる行為があった場合、当該人物を自宅監禁できるほか、容疑者宅の家宅捜索などを行える。さらに今回は、令状なしで荷物や車両を審査する権限を付与している。

バルス首相は議会で、「さらなる攻撃が発生し、罪のない人々が犠牲になるだろう。われわれはこの恐怖に決して慣れてはいけないが、脅威と共に生きることを学ばなければならない」と警鐘を鳴らした。


関連国・地域: フランス
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日産、ルノー参加の指名委員会設立を承認(06/26)

製造業景況感、6月は過去3年弱で最低(06/26)

エネコ巡る入札、仏トタルと伊エネルが断念(06/26)

エアバスの「空飛ぶタクシー」が実用化も(06/26)

高級ブランドSMCP、De Fursacを買収へ(06/26)

伊藤忠、仏物流ビッグデータ企業に出資(06/26)

カルフール、中国事業を蘇寧易購に売却(06/26)

ユーロスター、酒類持ち込み制限を正当化(06/26)

エアバス、パリ航空ショーの受注合戦で勝利(06/25)

フィジャック・アエロ、サウジ社と合弁設立(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン