• 印刷する

イタリアへの難民流入、6月は24%増加

欧州対外国境管理協力機関(フロンテックス)は19日、6月に北アフリカからイタリアに流入した難民の数が約2万2,500人となり、前月比24%増加したと発表した。1~6月の累計はおよそ6万9,500万人と前年同期並みに近付いている。

先月、地中海を渡ってイタリアに到着した難民の17%はナイジェリア出身。エリトリアとスーダンの出身者がこれに続く。一方、東地中海ルートでギリシャなどに流入した難民は約1,450人と1年前から95%減少した。年初のペースを大幅に下回っている。

欧州連合(EU)とトルコが3月に合意した送還計画やマケドニアの厳格な入国管理の影響で、ギリシャを目指す難民が激減しているのに対し、イタリアへの流入ペースは衰えを見せていない。19日にはイタリアと英国、スペインの海軍がリビア沖で合わせて約3,200人の難民を救助。今年に入って3,000人が亡くなっている。


関連国・地域: EUイタリアギリシャトルコ北マケドニアアフリカ中東
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

伊議会、320億ユーロの景気刺激策を承認(01/22)

イタリア製造業受注、11月は1.3%減少(01/22)

レオナルド、伊南部の4工場近代化に投資へ(01/22)

大気汚染死亡リスク、欧州首位は伊ブレシア(01/22)

コンテ伊首相、上院でも信任獲得(01/21)

A2A、グリーン化に160億ユーロ投資(01/21)

エニ、バーレーンで循環型経済の促進へ(01/21)

伊首相の信任投票、下院で可決=上院投票へ(01/20)

GDPR違反の罰金総額、過去1年は4割増(01/20)

伊首相、議会に支持呼び掛け=政権分裂受け(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン