• 印刷する

独で難民少年が鉄道乗客を攻撃、4人が重軽傷

独バイエルン州ビュルツブルク(Wuerzburg)で18日午後9時15分ごろ(現地時間)、アフガニスタン出身の難民の少年(17)がドイツ鉄道(DB)の乗客をおのとナイフで攻撃し、香港出身の4人が重軽傷を負った。少年は警察に射殺されたが、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の戦闘員との発表もあり、国内に緊張が走っている。ドイツ通信などが伝えた。

当局によると、犯人の少年は部屋に手作りのISの旗を掲げており、犯行時には「アッラーフ・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいたという。少年は単身でドイツに渡り、難民申請を行った後は世話役の家で暮らしていた。IS系ニュースサイト「アーマク通信」は19日、少年は戦闘員の1人ムハンマド・リヤドだと発表。IS敵対国をターゲットにするよう命じていたとし、襲撃前の映像を公開したが、単独犯との見方もある。

南華早報によると、負傷したのは62歳の男性とその妻(58)、娘(27)、娘のボーイフレンド(31)で、うち2人は重体。同行していた息子(17)にけがはなかった。

バイエルン州では5月、ミュンヘン東郊のグラフィング(Grafing)駅で刃物を持った男(27)が乗客4人を切り付け、1人が死亡、3人が負傷する事件が発生。男は今回同様「アッラーフ・アクバル」と叫んでおり、当初はイスラム過激派による襲撃とも疑われたが、後に精神的な問題があったことが判明している。


関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

経済成長率見通しを引き下げ 供給網混乱も影響=独5大研究所(10/15)

VW幹部、EV移行で3万人削減の報道否定(10/15)

独首相、国内企業にアジア事業の脱中国要求(10/15)

シーメンス、UAEの第4次産業革命を支援(10/15)

独アルディ、英で最も人気のスーパーに選出(10/15)

ベイワ、越に太陽光発電設備の倉庫新設(10/15)

VW、EV移行で3万人失職も=CEO(10/14)

独で大麻合法化議論が再燃=警察は警鐘(10/14)

BASF、飼料業界に携帯型の成分解析技術(10/14)

ユーロ圏の成長率予測引き上げ 仏やスペイン回復見込む=IMF(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン