• 印刷する

ベネチアの広場にドローン墜落、操縦者に罰金

水の都ベネチアの観光名所サンマルコ広場で、観光客が操縦していた空撮用小型無人機(ドローン)が墜落した。幸いけが人はなかったものの、警察は紛失物としてドローンの返却を求めた本人に対し、航空法違反で罰金を科した。ザ・ローカルが6日伝えた。

重量2キログラムのドローンは、プンタ・デッラ・ドガーナ現代美術館の上空を低空飛行していたが、その後、運河を越えて対岸のサンマルコ広場に墜落。イタリアの航空法では、ドローンの飛行可能空域は地上70メートル以下、操縦者から半径150メートル以内と定められている。今回の罰金額は明らかにされていないものの、最大11万3,000ユーロに上る可能性があるという。

ローマでも4月、世界遺産のコロッセオ上空で空撮を行ったフランス人観光客が逮捕されている。


関連国・地域: フランスイタリア
関連業種: その他製造運輸観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ピアジオ、越でベスパの新モデル2車種発売(11/16)

<欧州経済の潮流を読む>第8回 イタリアのEU財政ルールへの挑戦の行方(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

独高級車3社、明暗分かれる アウディが不振=10月の世界販売(11/15)

ユーロ圏GDP、0.2%拡大 第3四半期=2次速報値(11/15)

欧州委の修正要求を拒否 伊政府、2019年度予算案巡り(11/15)

スノーピーク、ロンドンに英子会社設立(11/15)

エニ、アブダビ社にエジプトのガス権益売却(11/14)

トルコ自動車生産、10月は16%減少(11/14)

携帯電話ボーダフォン、上半期は赤字転落(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン