デンマークの永住権取得試験、3分の2が不合格

デンマークで6月に行われた永住権取得試験で、受験者の68.8%が不合格だったことが明らかになった。昨年発足した中道右派の自由党政権が定めた新たな試験は難易度が高くなっており、国内でも批判の声が上がっている。ストイベア児童・男女平等・統合・社会問題相の話を元に、ザ・ローカルが5日伝えた。

永住権取得試験は毎年6月と12月に行われる。今回の試験は現政権になってから初めて行われたもので、デンマーク語テストのレベルを1段階上げたほか、デンマークに関する一般常識テストの合格ラインを正答率73%から80%に引き上げるなど、より厳しい内容になっている。このテストは試験終了後にメディアに公開されたが、質問内容が曖昧でデンマーク国民でも合格が難しいという。このほか、過去5年に独立して生計を立てていた年数を2.5年から4.5年に延長。犯罪歴についての規定も厳格化した。

自由党は昨年6月の議会選挙で第3党だったものの、第1党だった社会民主党が過半数議席を獲得できなかったことを受けて少数単独政権を発足した。移民の規制強化を公約として掲げており、9月には難民の流入阻止に向けレバノンの新聞に広告を掲載。今年1月には難民から1万デンマーククローネ(1,450ドル)相当を超える財産を没収する法案を可決し、国連や人権団体からも非難が相次いでいる。反移民を掲げる極右のデンマーク国民党(DPP)が第2党に躍進したことも、同国のこうした傾向に拍車をかけているようだ。


関連国・地域: デンマーク中東
関連業種: 経済一般・統計マスコミ・出版・広告社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ルフトハンザ、北米路線で格安料金導入へ(05/23)

PGNiG、イランでのガス開発一時中止も(05/22)

エアビー、デンマーク当局に家主収入報告へ(05/21)

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

ビエドロンカ、宅配ロッカー大手と提携(05/18)

補聴器ワイデックス、同業シバントスと合併(05/17)

ベスタス、風力発電所設置で2社と提携(05/17)

トタルなどイラン事業見直し 米の対イラン制裁の再開決定で(05/17)

海運マースク、掘削部門の年内上場を断念か(05/11)

ポーランド、ノルドストリーム2を提訴へ(05/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン