• 印刷する

与党・法と正義、カチンスキ氏を党首に再選

与党・法と正義(PiS)は2日、党大会を開きカチンスキ党首の続投を決めた。任期は3年。党首選ではほかに候補者はおらず、支持が1,008票、反対が7票、棄権が1票だった。ワルシャワ・ボイスが伝えた。

右派のPiSは欧州連合(EU)懐疑派で、難民受け入れに反対している。昨年10月の総選挙では中道右派の市民プラットフォーム(PO)に圧勝して政権を奪取。シドゥウォ副党首を首相とする新内閣が発足した。また、昨年5月の大統領選では、PiSのドゥダ氏が市民プラットフォーム(PO)のコモロフスキ氏を破って大統領に就任した。

カチンスキ氏は昨年の選挙での勝利を振り返り、「勝利には頑固さ、強じん性、決意が重要だが、創造性を示せたことが極めて重要。メディアには無視されたが、代替手段があることを社会に示せた」と自賛した。また間もなく憲法の改正案を提示する方針も明らかにした。なおEU離脱を決めた英国については、「EU側は英国を横柄に扱っている」として、英国がEUに戻れるチャンスを与えられるように、手を差し伸べる必要があるとの考えを示した。


関連国・地域: 英国EUポーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ポーランド初のFSRU、設置場所が決定(07/18)

電力エネア、ポーランド最大級の貯蔵設備(07/17)

セキュリティー新興リロック、EGVが出資(07/16)

ウィーネット、AI導入で500人整理(07/12)

パナソニック、ポーランド冷凍機企業を買収(07/10)

仁宝、ポーランドで車載電子工場建設(07/09)

商用車トラトン、電池工場建設を秋に判断(07/09)

ポーランド新車登録台数、6月は20.8%増加(07/08)

PKPカーゴ、30%の人員削減(07/05)

独とポーランド、6年ぶり政府間協議(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン