• 印刷する

パリ市、登録後10年以上の車両乗り入れを制限

パリ市は7月1日から、1997年以前に登録された車両について、平日の午前8時から午後8時までの市内乗り入れを禁止した。大気汚染の解消に向けた措置。

乗入禁止の対象となるのは、1997年1月1日より前に登録された乗用車に加え、同年10月1日より前に登録された小型商用車、1999年6月1日より前に登録された二輪車。10月からは、違反すると35ユーロ以上の罰金が科される。来年1月以降は罰金額が68ユーロ以上に引き上げられる。

パリ市はこれに向け、色によって車両の登録年を識別できるステッカーを発行する。ステッカーを入手するためには、オンラインで約4ユーロを支払い、申請する必要がある。

パリ市はこれにより、カーシェアリングやレンタル自転車など、環境に優しい交通手段の利用が進むことに期待している。ドライバーの権利保護団体によると、パリ市内および周辺に住む最大50万人の車両オーナーが乗入規制の影響を被る見通し。一部のオーナーはこの日、国民議会(下院)の議事堂前やシャンゼリゼ通りにマイカーを停めて抗議活動を行った。

なお、バスやトラックは既に2015年7月から市内乗り入れが禁止されている。パリ市はさらに2020年以降、2010年以前に登録されたすべてのガソリンおよびディーゼル車の乗り入れを禁止することも検討している。[環境ニュース]


関連国・地域: フランス
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

石油トタル、G2モビリティーの全株取得(09/21)

食品ネスレ、スキンヘルス事業を売却へ(09/21)

VW、イランから撤退か=米政府の説得で(09/21)

セメントのビカー、印南部で新製品発売(09/21)

シュナイダー、中国にイノベーション拠点(09/21)

仏当局、エッフェル塔の置物20トンを押収(09/21)

ヴァレオとワブコ、センサー技術開発で覚書(09/20)

欧州新車登録、31.2%増加 WLTP適用前モデルの値引きで(09/20)

マクロン大統領、地方の病院への支援拡大(09/20)

ユーロ圏建設業生産、7月は0.3%増加(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン