トタル、スパコン性能を3倍に引き上げ

石油メジャーの仏トタルは29日、自社のスーパーコンピューター「パンゲア(Pangea)」の性能を従来の3倍に引き上げたと発表した。試掘データ解析の速度向上やコスト削減が狙い。 これにより「パンゲア」の処理能力は2.3ペタフロップスから6.7ペタフロップスに強化。これはラップト…

関連国・地域: フランス
関連業種: IT・通信天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アルケマ、中国工場でフッ素樹脂の生産拡大(10/17)

IMF、ユーロ圏成長率見通しを下方修正(10/17)

インフレ率、9月は0.9%に減速=改定値(10/16)

ルノー、自動運転シェアタクシーの実証試験(10/16)

科研製薬、サノフィとのクレキサン販売終了(10/16)

ノートルダム大聖堂テロ未遂、女5人に懲役(10/16)

仏共和党、ジャコブ新党首を選出(10/15)

フォルシア、コンチネンタルとの合弁を取得(10/15)

トタル、印アダニ・ガス株37.4%を取得へ(10/15)

仏当局、パリ警視庁での殺人事件で5人逮捕(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン