ポーランド自動車生産、3月は3.6%減少

自動車市場調査会社サマール(Samar)は7日、ポーランドの3月の自動車生産台数(小型商用車含む)が6万5,078台となり、前年同月比3.6%減少したと発表した。 うち乗用車は5万7,330台と2%増加。最も数が多いモデルは伊フィアットの「500(チンクエチェント)」で、1万9,118台…

関連国・地域: ドイツイタリアポーランド米国
関連業種: 自動車・二輪車その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

露、ポーランドに導管経由の原油供給を再開(05/21)

LGケム、ポーランドにEV電池工場設置も(05/20)

欧州評議会、ロシアの復帰に道=独仏が尽力(05/20)

ポーランドGDP、第1四半期は4.6%拡大(05/17)

韓国LS電線、ポーランドに工場を開設(05/17)

トランスネフチ「原油汚染の早期解決困難」(05/16)

旅行TUI、第2四半期は赤字拡大(05/16)

化学アゾテ、現代エンジが新施設建設(05/14)

南部マズィルの製油所、石油精製を再開(05/14)

製薬リヒター、第1四半期は51.8%増益(05/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン