• 印刷する

ポルシェ、中間期は14%増収

ポルシェは25日、2008年1月中間期の売上高(速報値)が前年同期比14.2%増の35億ユーロほどになったと発表した。世界販売台数は4万6,600台と18.7%増加した。

同社は1月半ばまでのデータを元に速報値を算出。利益については明らかにしていないが、ウェンデリン・ウィーデキング最高経営責任者(CEO)は「楽観的な見通し通りになりそうだ」と語った。正式な中間期決算は3月に公表される。

販売台数をモデル別に見ると、新型を投入したスポーツ・ユーティリティー・ビークル(SUV)「カイエン」が2万340台と1年前から倍増し、全体を押し上げた。一方、スポーツカーの「911」は5.6%減の1万6,360台。「ケイマン」を含む「ボクスター」は9,900台と17.4%落ち込んだ。

地域別では北米が全体で11.4%増の1万6,200台と好調だった。ただ米経済の減速に備え、既に同国での在庫を大幅に減らしているという。国内は5,700台とわずかに増加。その他は2万4,700台と28%余り伸びている。

フォルクスワーゲン(VW)への出資比率を約31%に引き上げたポルシェは昨秋、持ち株会社ポルシェ・アウトモビール・ホールディングを発足させている。この日は新会社にとり初の株主総会を開催。ウィーデキングCEOは席上、ディーゼル車を大々的に展開するVWとの関係を引き合いに出し、ポルシェ車へのディーゼルエンジン搭載を検討していることを明らかにした。ポルシェはこれまで、国内メーカーで唯一ディーゼル車を導入していなかった。


関連国・地域: ドイツ米国カナダ
関連業種: 自動車・二輪車金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

EU、北マケドニアの加盟交渉開始を承認へ(06/18)

ドイツ銀、投資銀行部門の抜本改革を検討(06/18)

シーメンスガメサ、台湾で風力タービン受注(06/18)

ルフトハンザ、通期見通しを下方修正(06/18)

ユーロ圏求人率、第1四半期は2.3%で横ばい(06/18)

スカニア、電動自動運転コンセプト車両公開(06/18)

トルコ自動車生産、5月は7.9%減少(06/18)

仏PSA、EVバッテリーを欧州で生産へ(06/18)

独経済、第2四半期はやや減速=連銀(06/18)

独高級車3社、BMWがプラス維持(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン