GDP成長率、第1四半期はマイナス1.5%

英政府統計局(ONS)は12日、2021年第1四半期(1~3月)の国内総生産(GDP、速報値)が前期比で1.5%縮小したと発表した。新型コロナウイルス流行を受けた3度目のロックダウン(都市封鎖)と欧州連合(EU)離脱移行期間終了に伴う貿易ルールの変更などを受け、第4四半期の1.3%増からマイナスに転じた。スナク財務相は、3月単月では2.1%のプラス成長を記録したことを「良い兆候」として「英経済は回復途上にある」との見方を示している。


その他記事

すべての文頭を開く

アウディ、33年までにガソリン車の生産終了(06/24)

英首相「主権取り戻す」 離脱投票から5年、国内分断続く(06/24)

輸出企業への政府支援、昨年度は過去最高に(06/24)

JLR、供給網見直しへ=半導体不足に対応(06/24)

H&M傘下コス、フィリピン1号店開業へ(06/24)

ロイズ銀、年内に44支店を追加閉鎖(06/24)

6月は過去15年で最高 ユーロ圏総合PMI速報値(06/24)

英国とNZ、FTA8月合意に向け最終調整(06/24)

豪、アストラ製ワクチンを60歳以上限定に(06/24)

欧州選手権、準決勝以降は観客6万人超へ(06/24)

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

各種ログイン