イベリア航空、合理化めぐる労使交渉が妥結

イベリア航空は14日、合理化をめぐる数カ月にわたる労使交渉が妥結したことを明らかにした。地上スタッフの給与を7%減額し、来年まで賃金を凍結する内容だ。協定の有効期間は2017年末まで。 同社は昨年、数千人を整理しており、客室乗務員やパイロットは既に14%の減給を受け入れ…

関連国・地域: 英国スペイン
関連業種: 運輸雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

サンチェス暫定首相、シウダダノスと協議も(09/18)

英領ジブラルタル、EU離脱前に総選挙へ(09/18)

西でリステリア菌の感染拡大、3人死亡(09/18)

西シウダダノス、条件付きで政権樹立に協力(09/17)

西国王、連立政権樹立向け各党党首と会談へ(09/16)

スペイン南東部で大雨=6人死亡(09/16)

ナバンティア、サウジ合弁とシステム契約(09/13)

カタルーニャ国民の日デモ、今年は規模縮小(09/13)

インディテックス、上半期は10%増益(09/12)

西、9万社に英の合意なき離脱の注意喚起(09/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン