欧州委、中国・台湾製鋼板に反ダンピング税導入

欧州連合(EU)が3月中にも、中国と台湾から輸入する冷間圧延ステンレス鋼板に反ダンピング(不当廉売)関税を課すもようだ。税率は中国製が25%、台湾製が12%とみられる。2人の消息筋の話として、ロイター通信が伝えた。 それによると、欧州鉄鋼連盟(EUROFER)は昨年5月、…

関連国・地域: EUアジア
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【中村航の西方見聞録】ドイツ総選挙から1カ月 日本の選挙と”色々”違う仕掛けとは(10/27)

ESGファンド、非ESGより手数料低く(10/27)

顔認証技術、EU11カ国が犯罪捜査に利用(10/27)

独など9カ国、仏の電力市場改革案を拒否(10/27)

世界のCO2濃度、昨年は過去最高を更新(10/27)

【東欧フラッシュ】海外ビジネス展示会レポート コロナ禍があぶり出した企業課題(10/27)

EU懐疑派、ユーロ導入の国民投票呼び掛け(10/26)

【欧州航空・鉄道論】コロナ禍を乗り越えた「A380」 「空飛ぶホテル」の今後の展望は?(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン