• 印刷する

C・アグリコル、国外投資銀事業を一部閉鎖か

金融大手クレディ・アグリコルが15カ国でコーポレートバンキング・投資銀行事業を閉鎖するもようだ。これに伴い約1,000人が整理されるという。フランスのラジオ局BFMビジネスが13日に報じた。

同行は50カ国でコーポレートバンキング・投資銀行事業を展開しているが、資本増強に向けて業務の縮小を進めるとみられる。ロイター通信は労組代表の話として、きょう14日にもクレディ・アグリコルが同事業を中心に人員整理の規模を発表すると伝えている。同行の広報担当者はコメントを控えている。

フランスの金融業界では、先にBNPパリバとソシエテジェネラルも人員削減を明らかにしている。フランスの金融機関はギリシャやイタリアなどの国債の保有が多く欧州債務危機により大きな打撃を受けており、クレディ・アグリコルを含む大手3行は資金調達も難しくなっているとされる。このため米信用格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスは先週、3行の長期債務と預金の格付けをそれぞれ1段階引き下げている。


関連国・地域: フランスイタリアギリシャ米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

製造業景況感、10月はやや低下(10/23)

石油トタル、豪から炭素中立LNGを出荷(10/23)

夜間外出禁止令、違反件数が3千件超に(10/22)

仏大統領、露政府にテロ対策強化を要請(10/22)

アルストム、イラク政府と鉄道開発で契約(10/22)

仏政府、ブリヂストンに工場維持案を提示(10/21)

エアバスとイスラエル社、監視サービス受注(10/21)

日本無線、プライベートLTEシステム受注(10/21)

ナブヤ、仏中部で無人自動運転シャトル導入(10/21)

ダノン、経営体制とポートフォリオを見直し(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン