フィッチ、欧州の大手銀4行を格下げ

英米信用格付け会社フィッチ・レーティングスは15日、欧州の大手銀行4行と米国の3行の長期信用格付けを引き下げたと発表した。欧州では英バークレイズとクレディスイスが2段階、仏BNPパリバとドイツ銀行が1段階の引き下げとなった。フィッチは、金融市場の厳しさが増す中で、こうした大手行は特に影響を受けやすいと指摘している。

各行の発行体デフォルト格付け(IDR)は、バークレイズとクレディスイスが「AA―」から「A」に、ドイツ銀とBNPは「AAマイナス」から「A+」となったほか、バンク・オブ・アメリカとシティグループ、ゴールドマン・サックスが「A+」から「A」に格下げとなった。

スイスのUBSについては10月に格下げしており、今回は対象とならなかった。また仏ソシエテ・ジェネラルと米モルガン・スタンレーはIDRの格下げは免れたものの、新たに採用された基準の「存続性格付け(VR)」を引き下げられた。

フィッチは各行の資本増強や資金流動性の維持は認めながらも、新たな規制強化が金融機関の業績を悪化させるとの懸念を示している。


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUスイス米国
関連業種: 金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

スペイン、今年の財政赤字目標を引き上げ(07/16)

トランプ米大統領が訪英 メイ首相、FTA締結に向け合意(07/16)

【今週の主な予定】7月16~20日(07/16)

ポーランド政府、最高裁長官の任命を迅速化(07/16)

リンデとプラクスエア、米資産売却で協議(07/16)

貿易収支、5月は赤字縮小(07/16)

欧州委、ライアンエアーのラウダ買収を承認(07/16)

ライアンエアー、愛でパイロットが追加スト(07/16)

EU、台湾社の黄斑変性症治療薬を認定(07/16)

【欧州環境トピックス】第186回 6月16日~30日(1)(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン