フィッチ、欧州の大手銀4行を格下げ

英米信用格付け会社フィッチ・レーティングスは15日、欧州の大手銀行4行と米国の3行の長期信用格付けを引き下げたと発表した。欧州では英バークレイズとクレディスイスが2段階、仏BNPパリバとドイツ銀行が1段階の引き下げとなった。フィッチは、金融市場の厳しさが増す中で、こうした大手行は特に影響を受けやすいと指摘している。

各行の発行体デフォルト格付け(IDR)は、バークレイズとクレディスイスが「AA―」から「A」に、ドイツ銀とBNPは「AAマイナス」から「A+」となったほか、バンク・オブ・アメリカとシティグループ、ゴールドマン・サックスが「A+」から「A」に格下げとなった。

スイスのUBSについては10月に格下げしており、今回は対象とならなかった。また仏ソシエテ・ジェネラルと米モルガン・スタンレーはIDRの格下げは免れたものの、新たに採用された基準の「存続性格付け(VR)」を引き下げられた。

フィッチは各行の資本増強や資金流動性の維持は認めながらも、新たな規制強化が金融機関の業績を悪化させるとの懸念を示している。


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUスイス米国
関連業種: 金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

ブルガリア運送業界、EUの待遇規制に抗議(05/21)

五つ星と同盟、政策綱領を公表=党員投票へ(05/21)

米国の対イラン制裁に対抗策 EU、欧州企業の保護へ行動指針(05/21)

ディーゼル車の乗り入れ規制、実施に青信号(05/21)

【今週の主な予定】5月21~25日(05/21)

伊インフレ率、4月は改定値も0.5%(05/21)

トラックのCO2排出量削減 EU、包括法案で基準を初導入(05/21)

メディアビジョン、衛星タイコムと業務提携(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

最高裁、ビールの健康増進うたう広告を禁止(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン